20代女子の社会人留学

セブ島・オーストラリア・イギリスに留学した私が、英語の勉強法・留学のヒント・留学体験談・外国人との交流など、ありのまま書いているブログです。

イギリス人男性 ロバート③(国際恋愛ブログ- デート)

みなさんこんにちは、りえ(@rie_ryugaku)と申します。

このブログは、留学経験者の私が、 英語学習のヒントや留学に関するお役立ち情報・外国人との交流や恋愛など海外にまつわるあれこれをお伝えするブログです。

 

 

ロバートとは隔週で会うようになりました。

基本的にはロバートの仕事終わりにあってレストランもしくはパブに行く日が多かったです。

イギリス特にロンドンは様々な国籍の方がいるので、レストランも多国籍でした。

ロバートは様々な店を知っていて、せっかく私がロンドンにいるのだからといろんなことを教えようとしてくれました。メキシコ料理、カナダ料理のレストラン、韓国料理など、 毎回ロバートがお勧めする様々な国のレストランに連れて行ってくれました。

 

また、イギリスならではのアフタヌーンティーにも連れて行ってくれました。

その時は、前日連絡が来て、少しだけオシャレしてきてね。とだけ言われ・・。

言われた通り少しだけおしゃれをして出掛け、駅で待ち合わせ。後をついて歩くこと5分。ついた場所はおしゃれなホテル!!まさかのホテルのアフタヌーンティーでした、、!

 

f:id:akamouhu:20200904195030j:plain

 

ロンドンではいつかは体験してみたいと思っていたのでまさかと思い、感激しました。

1人では絶対に行くことがない場所なので…

そこもお支払いはロバートがしてくれました。

"自分が誘ったのだから" とのこと。紳士すぎる!

 

ただ、イギリスのアフタヌーンティーってすごく高いんですよね。

イギリス人の友人に聞いたところ、イギリス人でもアフタヌーンティーに行く機会は誕生日のようなお祝いの時、誰かにプレゼントとしてお祝いする時、またデートや記念日の時に行くようなものらしいです。要は、特別な時と言うイメージですね。

ただ中には日常的に行く人もいるようです。(リッチな人)

 

ちなみにアフタヌーンティー、値段が高いだけあって量も結構あるんです。

マカロン、たくさんの種類のケーキ、スコーン、ジャム、パンケーキ、サンドイッチなど種類も豊富です。飲み物はシャンパンと紅茶があり、紅茶はおかわりオッケーだそうです。

甘いものばかりなので、食べれないんですよね…

 

そんなこんなでロバートとのデートを楽しんでいましたが、ある日衝撃的な事件があったのです。その日から少し1歩引いた目でロバートを見るようになってしまいました。

 

 (続く)