20代女子の社会人留学

セブ島・オーストラリア・イギリスに留学した私が、英語の勉強法・留学のヒント・留学体験談・外国人との交流など、ありのまま書いているブログです。

留学中にできた外国人の友人が、 私の人生を大きく変えた話し

みなさんこんにちは、りえ(@rie_ryugaku)と申します。

このブログは、留学経験者の私が、 英語学習のヒントや留学に関するお役立ち情報をお伝えするブログです。

 今回は留学中にできた友人の話しです。

私はオーストラリア留学中、日本人の友達がおらず、 いつも南アメリカからきた友人たちと一緒でした。

学校でも放課後も休暇中も一緒で、 すごく仲良くなることが出来ました。 一緒に旅行に行くなど外国人の親友をつくることができました。 彼らは私のこれまでの考えを変え、価値観を変え、人生を変えてくれたのです。

 

★Check!

1年間の留学を終えて変わったこと(英語力以外)

 

●目次

 

f:id:akamouhu:20190311225209j:plain

多様性を受け入れることを教えてくれた

今では連絡も取りあうし、 日本に行きたいと連絡をくれるくらい仲良くなりましたが、 最初はお互い遠慮し合っていました。 地球の反対側から来た人間同士です。 特に私は、彼らにどのように接すればいいか、 なにか変なことを言ってしまわないか一言一言慎重に選びながら、 接していました。

ですが、 だんだん色んなことを話すようになってお互いの性格も分かってくるうちに、生まれた国や育った国が違っても同じ人間だということを実感しま した。

国籍や見た目・肌の色に関わらず合う人は合うし、苦手な人は苦手 ということに気が付きました、今考えれば当たり前ですけどね。

留学前は「あの人は外国人だから・・」と、 そう思うことが当たり前でそのことに疑問さえ抱きませんでしたが( そもそも関わる機会があまりなかった)、 人それぞれ性格も違えば考え方も違う。 “生まれた国や育った国が違うから” というのは全くあてにならないということに気が付きました。

気が合ってすぐに意気投合できる外国人もいれば、 全く理解できない日本人もいます!

 

また、多様性についてですが、特に仲が良かった子がLGBTの当事者だったんですよね。(レズ・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)そのことも私の価値観に大きな影響を与えました。

このことは私を大きく変えた一番の出来事でしたので、後日、別記事でお話しします。

 

人生を楽しむ方法を教えてくれた

彼女たちは本当によく笑います。楽しいこと・ 面白いことが大好きで楽しいことを見つけるのが上手!音楽が流れればすぐにダンス!本当に楽しそう。

なぜ日本人はつまらなさそうな顔をしているのか、 ふと疑問に思いました。

探せば楽しいことはいくらでもあるはず。 人生楽しいことがないって思うのは、探していないだけ! と思えるようになりました。また、彼女たちと一緒にいって気付いたのは、笑っていると本当に楽しくなってくる ということです。もちろん笑いたくない時もあります。そういうときでも、ちょっとだけ意識して、ちょっとだけ口角をあげるようにしています。そうすると、少しだけ楽しい気持ちや幸せな気持ちになっていくような気がするのです。

 

自分を素直に表現することの大切さを教えてくれた

私の南アメリカ人の友人の1人は、本当に感情が豊かな人でした。

嬉しいときは嬉しい!楽しいときは楽しい!幸せ! 悲しいときは悲しい。泣きたいときは泣く。本当に自分の感情を素直に表現する子でした。

また、その素直な心で、周りにも恥ずかしがらずに自分の心を伝えることができる子でした。「いつも側にいてくれてありがとう」「りえに出会えたことが、この留学で一番貴重だった」「りえと一緒に旅行できてよかった」「日本人の大親友ができるなんて思ってもいなかった」何度言われたことでしょうか・・笑 しかし、毎回心から真剣に伝えてくれるのです。心からそう思ってくれている というのが伝わってくるのです。

私も自分の気持ちを打ち明けたり、ありがとうと思ったら素直に伝えることができるようになりました。

 

人との関わり方を教えてくれた

私は元々人見知りで、自分が知らない人にはまず壁を作って様子を見るようなタイプでした。警戒心が強いのでしょうか、意識していたわけではないので、はっきりとは分かりません。

基本的に彼女たちは壁を作りませんみんなウェルカムなのです。壁を作ってしまう私にとっては衝撃的でした。彼女たちは、友達の友達はみんな友達です。日本ではお互いが知っている子でないと遊びに行ったりはしないなぁ と言ったところ「じゃあどうやって友達増やすの?」とびっくりされました。

 

私は、一番初めに仲良くなったチリ人の女の子を旅行に行く約束をしていたのですが、ある日「私の友達も旅行に一緒に行っていい?」と聞かれたのです。私は会ったこともない知らない子です!会ったこともない子と旅行??と思いました笑

ですが、その後紹介してくれて、何度か旅行の計画で会ううちに仲良くなり、その旅行は思い出に残るものとなりました。その子は今年日本に遊びに来てくれて、うちに泊まっていきました。あのとき旅行に行っていなかったら、日本で再開できるほど、仲良くはなれていなかったと思います。

 

最初に壁を作ってしまうと、少なからずそれは相手も感じ取れてしまいます。お互いが気を遣い、本音で話せなくなるのです。彼女たちの人との関わり方は、私とは真逆でした。ですが、彼女たちと一緒に過ごすことで、心の壁が低くなっていきました。(なくなったとは言えません!笑 27年間の積み重ねは大きいのです!ですが、確実に低い壁になりました。)

 

まとめ

人との出会いは、新しい自分に出会えるチャンスです。自分の中にはない価値観・考えをもった人との出会いは、貴重で大切です。

留学を検討されている方は、ぜひそんな経験をしてほしいと思っています。

★Check!

20代にとって「自己投資」が必要な理由

 

   この記事が役に立った!と思う方は、

↓ ポチっと押していただけると嬉しいです。


留学ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村