20代女子の社会人留学

セブ島・オーストラリア・イギリスに留学した私が、英語の勉強法・留学のヒント・留学体験談・外国人との交流など、ありのまま書いているブログです。

留学を考え始めた人がまずすること

みなさんこんにちは、りえ(@rie_ryugaku)と申します。

このブログは、留学経験者の私が、 英語学習のヒントや留学に関するお役立ち情報をお伝えするブログです。

みなさま、こんにちは。

このブログは、セブ島・オーストラリア・イギリスの3カ国留学を経験した私が、留学にまつわる情報 から 英語学習法等、私の経験からアドバイスや様々なお役立ち情報についてみなさまにお伝えしています。

はじめての方は、自己紹介 からどうぞ。

 

今日は、留学を考え始めた人が最初にしなければならないことについてです。

 

実際に留学に行くかどうかは別として、漠然と「留学をしたい」 と考える人は多いと思います。人生で1度くらい海外に住んでみたい。 と思う人は多いのではないでしょうか。

 

しかし「留学がしたい」と思っても、 何から始めればいいか分からない人も多いと思います。 実際私がそうでした。最初留学を考え始めたとき、 何をすればいいのか分からずインターネットで留学サイトやブログ を読み漁り、本当に手探り状態!でした。そして 実際に1年間の海外留学を終えて、後から分かったこともたくさんありました。

 

今回は、私の経験や思うことから、留学をしてみたい と思った人が、まず最初に考えるべきこと についてシェアしたいと思います。

 

留学する人では、思いつくままに「留学したい!」と思いつき、 1か月後には出国している人たちもいます。今回は、 漠然と留学したいと考えているけれど、 その先に進めない人に特に読んでいただきたいと思います。

 

f:id:akamouhu:20190204202106j:plain

 

●目次

 

留学をするには、考えなければならないことがたくさんあります。 しかし正しい順序でしっかり考えることができれば、 成功する留学に繋がります。

 

1、なぜ留学をしたいのか を考える。

あなたはなぜ留学がしたいのですか?

様々な理由があると思いますが、 あなたが留学に行きたいと思った理由を、 心の思うままに箇条書きでノートに書いてみてください。人によって様々な理由があると思います。

 

「海外に住んでみたい」

「英語を話せるようになりたい。」

「 外国人の友達をつくってお互いの国に行ったり招待したりしたい」

「いい教育をうけたい」

「現状を変えたい」

「会社を辞める理由として」

 

時間を置いてそのノートをもう一度見てください。

「 こんなこと本当は思っていなかった」という理由は二重線で消し、 さらなる理由があったのであれば追加します。

書いた内容を見返し、自分の中の留学へのモチベーションを再確認してみましょう。

書いた理由を見返し、 本当に心から留学がしたいのか、それともなにかの口実のためだけなのか、自分の正直な気持ちを確かめましょう。

 

2、海外留学での最大の目標を知る。

一言で「留学」といっても、 留学の形態によってなにもかも大きく異なります。

例えば、海外の生活を体験したい、いろんな場所へ行ってみたい 等と思っている人はワーホリや語学留学を選ぶのがいいのではないでしょうか 。学位取得が目標でもないのに大学留学を選んでしまうと、 授業や課題ばかりでなかなか自分の時間をもつことが難しく、 モチベーションも上がらないでしょう。

しっかりと英語を学んでいずれはビジネスで使える英語も学びたい というなら、語学留学でしょうか。 ワーホリでも英語は学べますが、 日本人は日本食レストランで働くひとが多く、 バイト仲間はほとんど日本人ということもよくあります。また、 お客とは英語を使いますが、オーダーをとったりレジをするなど、 決まった業務での決まった英語のため、 接客英語もバリエーションが少なく、 ビジネスに使える英語を学ぶことは難しいでしょう。

そのような 留学のアンマッチ を避けるためにも、まずは自身の留学の一番の目的( 一番したいこと・成し遂げたいこと) は何なのかをはっきりさせる必要があります。

よく、国から考える人がいますが、特にこの国に行きたい! というこだわりがないのでれば、まずは目標から考え、 その次に目標を達成するのに合った国・学校を選べるはずです。

 

3、情報収集

留学の目的がハッキリしたら、 どのような留学をするのか分かってきます。

語学留学で英語を徹底的に学びたいのか、 働きながら海外生活を送ってみたいのか、 勉強しながらも適度に働いてみたいのか、 キャリアアップのために大学院修士MBAをとりたいのか 等。

例えば、 オーストラリアなら学生ビザでも2週に40時間以内なら働くことが 認められています。イギリスは一切不可です。 それぞれの国にはどのようなビザがあるか調べてみましょう。 留学代理店のホームページには分かりやすくまとめられていること が多いですので、そちらを参考にしてみましょう。

 

 まとめ

いかがでしたか。

まず情報収集する人もたくさんいるかと思います。それも間違いではないと思いますが、いまや留学に関する情報がたくさんありすぎます。

私も最初は情報収集から始めましたが、情報に埋もれて自分がなんのために留学をしたいのか見失いそうになった時期がありました。

ですから、最初にまず自分の目標や気持ちをハッキリさせておけば、遠回りすることなく理想の留学に近づけるのではないかと思います。

 

   この記事が役に立った!と思う方は、

↓ ポチっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村