20代女子の社会人留学

セブ島・オーストラリア・イギリスに留学した私が、英語の勉強法・留学のヒント・留学体験談・外国人との交流など、ありのまま書いているブログです。

セブ島留学 寮は1人部屋?複数人部屋?

みなさんこんにちは、りえ(@rie_ryugaku)と申します。

このブログは、留学経験者の私が、 英語学習のヒントや留学に関するお役立ち情報をお伝えするブログです。

みなさま、こんにちは。

このブログは、セブ島・オーストラリア・イギリスの3カ国留学を経験した私が、留学にまつわる情報 から 英語学習法等、私の経験からアドバイスや様々なお役立ち情報についてみなさまにお伝えしています。

はじめての方は、自己紹介 からどうぞ。

 

 

セブ島留学をするときに、まず考えなければいけないのは 費用についてですよね。実際にどれくらいかかるのか知りたい方は セブ島留学にかかる費用と安くする方法 をお読みください。

 

留学費用を抑えるためのひとつの選択肢として、複数人部屋を選ぶ 方法があります。

セブ島の語学学校は、ほとんどの語学学校が寮を提供しており、 学校付属の寮から通うことになります。料金例は、 大抵1人部屋を選んだ時の金額がでていますが、 ここを複数人部屋にすることによって留学費用を抑えることができ ます。

では、 留学費用が安くなるからといって複数人部屋を選んでいいのか、 私が実際に経験して感じたことや、 留学中の友人の話しを交えてそれぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

 

●目次

 

f:id:akamouhu:20190130193357j:plain

 

複数人部屋は何人?

学校によって異なりますが、複数人部屋は2~6人部屋です。 私が通っていた語学学校では、1人部屋の他に 2人部屋/4人部屋 /6人部屋 が選べました。トイレ・お風呂は共用です。その他に 金額は高くなりますが、専用のトイレ・ 風呂がついている少し広めの1人部屋 も選ぶことが出来ました。

語学学校によって部屋のオプションは異なりますので、 予め確認しておきましょう。

 

一人部屋

メリット

・自分のプライバシーが確保できる

やはりこれが最大の理由ですね。

 

・自分の生活リズムで過ごせる

自由に電気をつけたり消したりできます。

 

・部屋での勉強にも集中できる

 

デメリット

・費用は高くなる

 

・1人生活に慣れていない人は心細い

セブ島は停電になったりします。 部屋で一人でいるときに急に停電になったとき、 ルームメイトがいるほうが心強いですね。

 

・ルームメイト という友達はできない

複数人部屋の場合、日本人率は高めですが、 国籍をミックスしてくれます。台湾人・中国人・韓国人・ ロシア人がルームメイトになり、 多国籍な友人ができる可能性が高まります。

セブ島留学は、 英語初心者が集まりやすく英語でのコミュニケーションが難しい人 たちが集まります。そのせいか、 同じ国籍の人でかたまることが多いです。日本人グループ、 台湾人グループ、韓国人グループ 等です。

 

複数人部屋

メリット

・価格が安い

 

・ルームメイトと友達になれる

複数人部屋のルームメイトは、なるべく国籍がバラバラになるように学校が手配してくれるので、日本人以外の友人ができやすいかもしれません。

 

・ルームメイトだけでトイレバスをシェアできる寮もある

私の通っていた学校では4人部屋の中にトイレ・バスがあり、 最大4人だけでトイレバスを共有することができます。 一人部屋の場合、もっと大人数で2-3個のトイレバスを使用して いたため、待ち時間が長いこともあったようです。

 

・閑散期であれば、広い複数人部屋を数人で使えることも

私がセブ島留をしていた時、友人は6人部屋に滞在していましたが 、閑散期ということ・6人部屋は多すぎるという理由で人気がない ことから、数週間はルームメイトがおらず、1人部屋として使って いました。

 

デメリット

・プライバシーはない

当たり前ですがプライバシーはありません。 自分の専用スペースはベッドの上のみでしょう。

 

・持ち物管理は必須

他の人には触ってほしくないもの、貴重品等の管理は1人部屋のと きよりもより注意しなければなりません。

 

・ルームメイトと馬が合わなければ苦痛

ルームメイトはランダムで決められます。 仲良くなれたら楽しいでしょう。しかし、もしそうでなければ? 苦痛ですね。

 

・ルームメイトと生活リズムが合わなければ苦痛

授業の時間は決まっているので、 大きく生活リズムが違うことはないでしょう。しかし、朝方・ 夜型の人がルームメイトになると辛いでしょう。

これは私の友人が実際に体験していたことですが、彼女は4人部屋 に滞在しており、始めの1週間は彼女と日本人の女の子の2人でし た。年が近かったこともあり、すぐ仲良くなり、4人部屋にしてよ かったと言っていました。 しかしその翌週から中国人の生徒がルームメイトになり、 彼女は朝方人間。夜10時になると部屋の電気を消し、 朝は早起きして発音・音読の練習をしていたようです( 彼女の周囲への配慮のなさにもびっくりですが、 文化の違いもありますしね・・笑)そのおかげで私の友人たちは、 10時以降は声をひそめ、 朝は中国人のルームメイトの英語を発音する声で早朝に目覚めてい たようです。災難ですね。

ルームメイト全員で話し合うことをすすめましたが、 仕方ないと諦めていました。( 日本人の良くも悪くもある文化というのでしょうか、 日本人は争いを避け意見を主張しない人が多いですよね。)完全に彼女たちの部屋はシェアルームではなく、 中国人の生徒の部屋に日本人2人が居候させてもらっているような 雰囲気になっていました笑 

 

・24時間気を遣わなければならない

さきほどの生活リズムが違った人同士がルームメイトになった場合 でもお分かりの通り、授業が終わって疲れていても、 部屋に戻っても気を遣わなければなりません。

1週間~2週間ならいいでしょう。あなたは3カ月耐えられますか ?

 

まとめ

いかがでしたか。

1人部屋・2人部屋どちらにもメリット・デメリットがあります。私は1人部屋(バストイレ付) を選択しました。金額は全然違います。 私は長い間一人暮らしをしていましたので、 いきなり他人と一緒の部屋に滞在するということが考えられません でした。ただでさえ、 初めての海外留学で慣れない環境に行くのに、複数人部屋で休まる時間がないことは考えられませんでした。 費用はかかりましたが、 ストレスをなくすことで勉強にも集中でき、 費用対効果で考えると、いい選択だったと思います。

金額面だけで考えるのではなく、 その選択をしたことによる効果にも目を向けて考えるといいですね 。

 

セブ島留学では、 複数人部屋を選ぶこと以外にも費用を抑える方法があります。 気になる方は、留学にかかる費用と安くする方法 をチェックしてみてください。

 

   この記事が役に立った!と思う方は、

↓ ポチっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村